九谷焼のご紹介

干支・絵付けのご紹介
2016-11-08 10:40:47

来年の干支は『戌(いぬ)』です。真っ白の素地から絵付けをして完成までをご紹介します。

2016-11-08 10:41:51

最初は目と、赤の部分から描きます。

 

2015-11-20 11:31:45

線描きした上に絵の具をのせていきます。

2015-11-20 11:54:48

ここで使う絵の具は、和絵具といって鉱物の粉状のものにのりと水を混ぜて泥状にしたものをいいます。

その状態のものを線描きの上にのせていくという感じです。

色も、高温(760℃)の窯に入れて焼成すると、化学変化で発色します。

ちなみにこちらは青(みどり色)になります。

透明なガラスの成分があるので、焼成後は線描きの黒が見えるのです。

 

2017-12-14 16:50:54

上絵窯に入れて、760度の高温に設定して焼成します。

1 2